メガネのデメリット

コンタクトレンズが、私達一般エンドユーザー向けの視力矯正アイテムとして登場してから一気に愛用者を拡大させた要因は挙げれば数多く、実際の利用者が実感された全てがそれらに該当するに違いありません。まだ、インターネットと呼ばれる圧倒的な情報配信手段が世に登場する以前から発する生の声での体験談は、圧倒的な信憑性と説得力が人を介して伝えられているのです。

そうした中でも見逃せないポイントとして、メガネ装着で避けられぬデメリットの回避があります。例えば、スポーツを楽しんでいるときや学校の体育の授業中におけるメガネというものは、怪我や破損のリスクを自ら招き入れている状態の場合があります。その他、突然のアクシデントによる破損、経年劣化で突然ポキリと折れる、ネジがゆるんでいるのに気づかず突然レンズが落下して砕け散ってしまうなどといったことが考えられます。

突然十分な視力を失ってしまう不具合のみならず、メガネ破損は経済的なダメージも大きく、場合によっては家計を圧迫する可能性もあります。こうした極めて現実的な不具合とリスクを大きく抑えるアイテムとしてコンタクトレンズを使うことは、一気にメガネ派から鞍替えされたのもうなずける話です。